禁煙に力を入れる女性

ここ数年禁煙がブームになっていますね。オリンピック開催ということもあり国も禁煙に力を入れているようです。今タバコをやめなかったらとても居づらい(すでに居づらい)空間ができあがってしまいます。この流れに負けないように禁煙をしましょう。

禁煙と塗装の関係性のテスト

禁煙に成功した方は、これまで意識することが無かった事柄によって、煙草の事を思い出すと言われています。
最も、再び煙草を吸ってしまいたくなると言われているのが、塗装で使用する材料が発する臭いです。
塗装に使用する塗料の臭いを嗅いだ後に、再び喫煙してしまい、禁煙生活が終了してしまう方が相次いだ事で、医療機関がテストを行いました。
医療機関が行ったテストの結果によると、塗装用の材料には、煙草に含まれている有害物質に近い物質が含まれていることが判明したのです。
こうしたテストの結果が公表されると、禁煙を考えていた方々は、実際に禁煙を開始しました。
そして、医療機関はテストの結果と共に、興味深いデータを公表したのです。
それは、日本国内に存在する喫煙者数は1500万人であるのに対し、非喫煙者もしくは禁煙済の方は1億人以上居るという事実です。
非喫煙者もしくは禁煙者というのは、喫煙者が排出する煙を嫌がります。
つまり、1億人以上の人々から好ましくない目で見られているという事になるのです。
喫煙により、体内に取り込む煙は身体に悪影響を及ぼしますが、塗装用の材料が発する香りも悪影響を及ぼします。
特に、脳に直接的な悪影響を与えてしまうことが判明しています。
塗装の香りを吸い込むことにより、脳が萎縮し考える力や判断力が低下することがわかっています。
また、脳のみならず歯にも影響が及びます。
歯の根元が弱くなることで、最終的には抜け落ちてしまうのです。
こうした悪影響というのは、煙草がもたらす悪影響と同一です。
そのため、最も好ましくないのが、塗装業を営んでいる方が禁煙せずに、喫煙し続けるということです。
この2つの関係性は、今後もテストされていきます。